事業資金として信販会社から借入、FX取引にも失敗…

相談者

31歳・男性(松本市在住)

当事務所に相談にいらっしゃる前の状況

悩み4それまでの経験を生かし、起業したTさん。事業資金として、信販会社や消費者金融から借入をしたことがきっかけでした。

売り上げも順調に伸び、当時興味があったFX取引で、手元の現金を増やそうと試みましたが、会社の資金繰りが悪化し、借入が増えました。

その後会社は閉鎖。正社員として働き、返済するものの、借金の額がなかなか減らず悩んでいました。

当事務所に相談に来た結果

借金の総額が約600万円ありましたが、詳しく話を伺うと、取引を5年以上していた会社が2社あり、法定利率での引き直し計算をしてみると、総額20万円の過払いとなっていました。

その過払金を元に個人再生申立を行なうことになりました。

小規模個人再生で申し立てた結果、再生計画案が通り、5分の1に圧縮したおよそ120万円を3年で支払う(毎月約34,000円)ことになりました。

個人再生の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室