FX取引で大赤字。資産がなくなり、返済の見込みがなくなった/松本市

相談者

30代・男性(松本市在住) 家族:独り暮らし

ご相談の経緯

 FX取引に興味を持ち、預貯金と借入れを取引資金に充てていたHさんでしたが、取引開始から2年後には預貯金を使い果たし、借入れを返済する目処も立たなくなり、当事務所へご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:約600万円  消費者金融1社 信販会社4社 銀行4社

解決にあたっての重視したポイント

 家計の状況をみると任意整理をするには厳しいものがありました。ご本人は自己破産を考えているようでしたが、月々の収入は安定しておりましたので、個人再生を申立すれば5分の1に圧縮した借金を、36回~60回で返済することが可能であると判断し、今回は個人再生の方針で受任しました。

ご相談による結果

 毎月家計簿をつけていただき、収支のバランスを取れるよう努めてもらいました。その結果、月々30,000円の原資を確保することが可能であると判断し、再生計画案48回として提出しました。無事、裁判所の認可も受け、支払をスタートさせることができました。

 当事務所へ相談に来る前の月々の返済額は約22万円でした。それが、個人再生を申し立てたことによって、月々30,000円の返済で済むようになりました。この結果を受けて、Hさんは、『自分の将来についての見通しがついた』と喜んでいらっしゃいました。

個人再生の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室