住宅を手放さずに借金整理。給与所得者等再生手続きを行なったケース。

相談者

50代・男性(松本市在住) 家族:本人・妻・子2人・母

ご相談の経緯

Fさんは、毎月の返済額を減らそうと考え、おまとめローンを行いました。しかし、返済額は思うように減らず、おまとめローンを組んだ会社への返済も儘ならない状況に陥りました。住宅ローンの金利見直し時期も迫り、何かいい方法はないかと、当事務所へご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:2000万円(信販会社4社・銀行2社(住宅ローンを含む))

解決にあたっての重視したポイント

本人は、住宅を手放したくないため自己破産は避けたい、とのご希望でした。また、毎月の返済額は住宅ローンを除き、7万円程度に収まれば生活できるとのことでしたので、住宅を手放すことなく借金の整理ができる【個人再生】の手続きを進めることにしました。

ご相談による結果

個人再生手続きをするにあたって、財産や可処分所得額の調査を行なったところ、可処分所得額が多かったこと、また、債権者からの反対意見が出た場合、再生手続きを進められなくなる可能性が考えられたことから、【給与所得者等再生】で申立を行なうことになりました。

結果、借金の総額から約56%圧縮した金額を、60回の分割返済(月額約34,000円の返済)を行なう、という内容の再生計画案を通すことが出来ました。

現在は、無理なく返済を続けながら、住宅ローンも返済をしています。

個人再生の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室