小規模個人再生手続きにより、645万円の債務を129万円に圧縮したケース

相談者

30代・男性(松本市在住) 家族:独り暮らし

ご相談の経緯

友人と起業するため、事業資金として借り入れたことをきっかけに、借金が膨らんでいったNさん。事業は失敗に終わり、残った借金を返済するために、正社員として働き始めたものの、支払いの目処が立たず、当事務所にご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:元金645万円(消費者金融2社・信販会社6社・銀行1社)

解決にあたっての重視したポイント

本人の希望は「自己破産」でしたが、債務増加の経緯や財産状況を詳しく確認したところ、FX取引やギャンブルの経験があり、免責不許可事由に該当するため、本人へ納得のいくまで説明し、個人再生手続きで、借金の整理をすることになりました。

ご相談による結果

調査の結果、消費者金融1社と信販会社1社に過払い金があることが分かり、合計20万円の過払い金を取り戻すことができました。そのお金を申立費用に充て、小規模個人再生手続きを申立てました。645万円あった債務は、個人再生手続きによって圧縮され、およそ129万円を36回の分割返済をすることになりました。これによって、毎月の支払額が12万円のところ、36,000円まで減らすことができました。

現在は、無事完済し、新たな生活を送っていらっしゃいます。

個人再生の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室