借金滞納中の会社から自宅訪問を受け、債務整理を決意。任意整理を行なったケース

相談者

40代・男性(上田市在住) 家族:本人・母・子1人

ご相談の経緯

自身の浪費から借金が膨らんだSさん。数年前に債務整理をしたものの、払えなくなり放置していました。その後、借金をした会社から電話や郵便物が届きましたが、何もしないでいたところ、自宅訪問され、このままでは家族にも迷惑がかかると思い当事務所へご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:226万円(消費者金融4社)

解決にあたっての重視したポイント

ご依頼を頂いたときは無職でした。家計の状況を見たところ、ギリギリの生活だったため、支出を減らすことはもちろんのこと、仕事に就くことで収入を増やし、返済に向けての準備を進めました。

ご相談による結果

調査の結果、3社について時効を迎えていることが分かったため、時効援用通知を発送し、時効が成立しました。債権者とは、債権債務がないことを和解書で交わしました。1社については、残念ながら債務名義(仮執行宣言付判決)を取られていたため、時効が成立していませんでした。債権者と交渉したところ、当初一括返済しか和解ができないということでしたが、粘り強く交渉を続け、最終的には12回の分割返済をすることで合意しました。

現在は、新しい仕事に就き、借金返済に向けて努力をしています。

任意整理の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室