取引期間30年。過払いが発生し、毎月の返済負担が軽減したケース

相談者

50代 男性(安曇野市在住)家族:本人・妻・子2人

ご相談の経緯

Tさんは、毎月の支払いで精一杯で、クレジットカードで生活をしているような状況でした。支払いも遅れ気味になり、督促も届いていました。クレジットカード会社に返済を待ってもらおうかと思っていたそうですが、色々とインターネットで検索していたところ、当事務所をお知りになり、ご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:300万円(消費者金融1社・信販会社3社・銀行2社)

解決にあたっての重視したポイント

住宅と車は手放したくないというTさんのご希望と、取引期間が30年という会社が2社、10年という会社が1社ということでしたので、債務の圧縮をして、分割返済の組み直しをする任意整理をご提案致しました。

ご相談による結果

取引期間が30年あった三菱UFJニコスと、ライフカードについては、調査の結果、三菱UFJニコスに過払いが発生、ライフカードは債務の圧縮ができることが分かりました。また、取引期間が10年あったアプラスについても、調査の結果、過払い金があることが判明しました。そして、交渉の結果、下表の通りとなりました。

                             ※ △は過払い金を表します。

 債権者名 相談前の債務残高 取り戻した過払い金・圧縮した金額
三菱UFJニコス 約300,000円の債務 △420,000円
ライフカード 約460,000円の債務  約50,000円まで圧縮
アプラス 約240,000円の債務 △290,000円

 

任意整理の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室