コムレイド(旧 TCM)から督促通知書が届き、ご相談にきたケース

相談者

40代・女性(安曇野市在住) 家族:本人・夫・子2人

ご相談の経緯

Uさんと夫は、コムレイドから借金をしており、Uさんは夫の保証人にもなっていました。ある日、コムレイドから督促状が届き、夫が借金を返し終えていないことが分かりました。その後、家にも訪問され、そのときにお話をした担当者の対応に恐怖心を抱き、ご自身ではどうすることもできないと考え、当事務所へご相談に来られました。

借入れの状況

保証債務合計額:元金16万円・損害金26万円(消費者金融1社)

解決にあたっての重視したポイント

Uさんに届いた督促状を拝見したところ、最終取引日から5年以上経過していることが見受けられたため、時効援用する方針でご依頼を受けました。ただし、債務名義を取られている可能性も考えられるため、最終的には調査後にどうするか決めることにしました。

ご相談による結果

調査の結果、債務名義はなく、最終取引日から5年以上経っていたため、時効援用の通知書をコムレイドへ発送、無事、時効が成立しました。また、コムレイドとUさんの契約についても調査したところ、過払金が発生。過払金6万円を取り戻すことができました。

任意整理の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室