エポスカードで過払い金が発生。時効間際に過払い金請求し返還されたケース

相談者

30代 女性(松本市在住)家族:本人

ご相談の経緯

Sさんは、信販会社エポスカード平成10年頃から利用し始め、完済したのは、今からおよそ10年前でした。ここ最近、テレビCMやラジオで『過払い金』という言葉を耳にしていましたが、自分には関係ないだろうと思っていましたが、信販会社のキャッシング取引でも、過払い金が発生するということを知り、当事務所へご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額:完済のため0円(信販会社1社)

解決にあたっての重視したポイント

 最終取引日が、平成17年前後というお話でしたので、早急に受任通知を発送し、過払い金があるかどうか調査を開始しました。

ご相談による結果

 調査の結果、平成18年まで取引をしており、時効を迎えていないことが分かりました。早速、過払い金返還請求通知書をエポスカードへ発送。交渉の結果、ほぼ全額の過払い金を取り戻すことができました。そして、和解日から2ヵ月後に過払い金が返還されてきました。

                             ※ △は過払い金を表します。

 債権者名 過払い金元金 取り戻した過払い金
エポスカード △113,353円 △113,000円
     

 

任意整理の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室