東京簡易裁判所から裁判通知が届いた。(自己破産)/伊那市

相談者

40代・男性(伊那市在住) 家族:本人、父、母、弟

ご相談の経緯

  20年前に借り入れをし、6年前に仕事を失ってから仕事に就けず、支払うことができなくなったBさん。ある日、東京簡易裁判所から通知が届きましたが、家業のこともあり、仕事ができる状態ではなく、支払うことができなかったため、自己破産を考え、当事務所にご相談に来られました。

借入れの状況

借入合計額 約150万円 消費者金融5社、信販会社1社、個人間1名、携帯電話会社1社

解決にあたっての重視したポイント

 取引期間が10年以上のところがあったため、過払い金の調査も進めました。また、訴訟提起された業者については、すぐに答弁書を作成し裁判所へ提出したことで、Bさんが東京簡易裁判所まで出向かずに済みました。

ご相談による結果

 過払い金調査の結果、少額ではありましたが、取り戻すことができました。同居の両親や兄弟は、全面的にBさんに協力してくれたため、申立書類の作成も順調に進めることができました。裁判所へ申し立てをしてから約4ヵ月後には、無事に免責決定が確定しました。

201611%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e6%b8%88%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e6%ad%a3%e6%9c%ac

 Bさんから、債務整理を終えて、率直な感想を頂いております。

201611%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e6%b8%88

・債務整理を終えてのご感想、当事務所へのご意見をお願いします。

 ほっとした。

自己破産の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室