東京の弁護士への依頼をやめ地元司法書士へ依頼。自己破産をし、新たな人生を再スタート

相談者

40代・女性(北安曇郡在住) 家族:本人・夫・子1人

ご相談の経緯

無職の夫から生活費を貰うことができず、生活費のために借入れたお金でした。自身のアルバイト収入ではやりくりできず、東京の法律事務所に自己破産手続きを依頼していましたが、費用が高額だったため、近くに相談できるところはないか探していました。インターネットで検索し、当事務所をお知りになり、すぐにご連絡をくださいました。

借入れの状況

借入合計額:290万円(消費者金融5社)

解決にあたっての重視したポイント

東京の法律事務所へ連絡を取ってもらい、辞任確認後、当事務所にて債務整理手続きを開始しました。小さなお子さんと、介護が必要な母親を抱えた中での申立資料作成になりましたので、依頼者に負担がないようなスケジューリングで、申立日を迎えました。

ご相談による結果

申立日について、依頼者たってのご希望により、依頼者が信仰している易占いで、一番良い日にちといわれる日に、申立を行ないました。

免責確定後、夫とは離婚を前提に別居をし、お子さんと新たな人生をスタートしております。

自己破産の最新記事

借金問題の無料相談受付中!

無料相談の詳細はこちら

メールでのご相談はこちら

事務所案内

料金表

ご相談の流れ

離婚後の住宅ローン返済問題

Access map

中日本司法書士事務所

〒390-0811
長野県松本市中央三丁目6番17号
源智ビル2階

アクセスマップはこちら

遺産相続のご相談なら松本相続遺言相談室